白秋記 ~デイサービスかなで

株式会社 コモード 代表の横道です。 2012年10月15日 静岡県菊川市下内田に通所介護施設“デイサービス かなで”がオープンいたしました。 会社の法人登記から開設場所の選定などオープンまでの紆余曲折、 そしてオープン後は日々の雑感・随想を楽しく綴ってまいります。 たまに毒を吐くときもありますが、そんな時はスルーしてくださいませ。

カテゴリ: 駅伝

6766217c1e1eff684cd32afae41b8965
介護
やビジネスの話題ではないけど、今日はお許しを。

本日午前中に東京箱根間往
復大学駅伝競走予選会が開催された。
下馬評では偉大なる記録が途切
れんばかりであったが、中大は86回連続89回目の第91回大会出場を果たした。正月も『C』のユニホームを見ることができる。

※ 主将の永井君ほか町澤君・藤井君・三宅君不在の中での突破はお見事。


中大の箱根不出場は過去2回
第1回と第5回だ。第4回大会は2位、第6回大会は3位、第7回大会は初優勝を果たしている。第4回大会と第6回大会両方に出場している選手は4人。戦力は充実していたようにも思える。どうも第5回大会を欠場した理由がわからないので歴史を紐解いてみた。

1923年9月1日 関東大震災
おそらくこれが最大の理由ではないか。近年の東日本大震災にあたって様々な行事の自粛や震災関連へのボランティア活動があった。当時の中大の選手たちは多くの葛藤と議論の末、不出場を決めたのではないかと推察するのだが…。



何はともあれ予選会を走った中大健児のみなさん お疲れさま。
ほんとよく頑張ったね。君たちのこれからの人生でも、これほどのプレッシャーはそうはないよ。 

chuo


これは昨年までの中大陸上部長距離ブロックの成績。
84年も一つの大会に毎年出場し続けてきたのである。

第89回大会の5区、途中棄権により久しぶりの予選会に登場の中大の各選手には相当なプレッシャーがあったことだろう。一つの偉大な記録が続くのか途絶えるのか。


今日 箱根駅伝本戦出場権を争う予選会があった。
中大は12位であった。今回が90回という記念大会でなかったら連続記録は84で止まったところだ。しかし、中大には運があった。今年は13位までが本戦に出場できるのだ。

結果が確定した瞬間の代田主将の涙が、その重圧を物語っていた。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


第90回 箱根駅伝
中大は85回連続88回目の出場を決めた
出場しなかった2回は第1回大会と関東大震災のあった翌春の第5回大会だけだ。
これだけの記録を持つ大学陸上部は国内にはない。胸を張って箱根路に挑め。


第4回大会は総合2位、第6回大会は総合3位、第7回大会は初の総合優勝だった。

↑このページのトップヘ