38


先月
時間をひねり出して阿修羅を訪ねた。

娘を奪ったインドラ(帝釈天)に怒り心頭で闘った阿修羅の面影はそこにはなく、穏やかな正面の顔が印象的だった。 


興福寺 唐招提寺 東大寺 法隆寺 元興寺

仏像をめぐる二日間は心やすらぐ至福の時。
仏殿に入る時 一礼し、仏像の前で手を合わせ 退出する時も一礼する。



奈良を観光地と呼ぶには軽率な感じがする。

日本人のこころの故郷だ。
 




それにしても
どこに行っても Chinese !!  Chinese !! Chinese !!

徒党を組み、大声で闊歩する。
仏像にカメラを向ける。 
もちろん仏像に手を合わせるChineseは皆無だ。




礼儀正しく秩序ある日本人を改めて誇りに思う。 
そう感じることのできた奈良だった。 





今回
阿修羅を訪ねるか、熊本城を訪ねるか。
実は迷った。 

加藤清正の天下の名城を、特に秀頼の為に用意したと言われる昭君之間を見たかったのだが、1泊2日では厳しいと思い今回は阿修羅に軍配を上げたのだった。 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


IMG_3088-2

春日大社で発見した 直江兼続と宇喜多秀家。
戦国時代オタクの自分には痺れすぎる出会いだった。

あをによし  
この写真がまさに “あをによし”

今年もう一回、奈良を訪ねると決めた。