z1_1_04_1

内閣府ホームページより

静岡県:24.1

菊川市  : 22.8 (  46,755人)
掛川市  : 23.0 (115,432人)
御前崎市 : 23.9 ( 33,834人)
袋井市  : 20.1 ( 84,797人)
牧之原市 : 25.8 ( 47,542人)
島田市  : 26.6 ( 99,244人)
藤枝市  : 25.0 (142,879人)
焼津市  : 24.8 (141,720人)

意外でした。
菊川市は袋井・御殿場・裾野に次いで県下4番目に高齢化が進んでいない市だったのです。
市の人口に対する高齢化率、既存の通所介護施設の数。

施設を開業する条件としては比較的厳しい環境だったということです。
スタッフみんな よく頑張りました。(*・ω・)ノ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

真実の瞬間…

スカンジナビア航空を建て直したヤン・カールソン氏の言葉です。
氏は社長就任直後に飛行機のトレイが汚れているのを見て、飛行機の整備全てに不安を感じたのです。
ここが汚れていると言うことは・・・・。

いくら飛行機の安全性や会社の健全性を訴えていてもトレイひとつきれいにできない。
トレイの汚れが真実の瞬間なのです。

これを我々に置き換えてみると、恐ろしいくらいたくさんの真実の瞬間があります。
一番わかりやすいのは送迎車です。見た目に汚れている事業所は心配ですね。


かなでの送迎車… タクシーのようにきれいです。

結局 自慢してしまいました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

今日は施設の№1、№2の大御所ふたりが研修のため不在です。
スタッフの平均年齢はグッと下がりましたが、テンションは下がっていません。

この体制で施設が展開できることが大切なのです。