白秋記 ~デイサービスかなで

株式会社 コモード 代表の横道です。 2012年10月15日 静岡県菊川市下内田に通所介護施設“デイサービス かなで”がオープンいたしました。 会社の法人登記から開設場所の選定などオープンまでの紆余曲折、 そしてオープン後は日々の雑感・随想を楽しく綴ってまいります。 たまに毒を吐くときもありますが、そんな時はスルーしてくださいませ。

2013年04月

まだ先ですが。

かなでの仲間達とTDL&TDSに行きます。バス旅行です。
スタッフはもちろん、お子様や旦那様、奥様にも参加していただきます。

当初、新役員の池谷先生にお願いして53人乗りの後席がサロン風の大型バスを1台手配していただいたのですが、どうやら1台では足りないような勢いです。w(゚o゚)w オオー!
(※池谷先生は3月まで国際観光・藤枝営業所長)

日程は11月です。
まだ先だなあって感じますが、きっとスグ11月は来ます。
しかし、この参加の勢いも、かなでの勢いそのままです。ありがたいことです。



もりのいえ社長の大石くん の“社長塾”の成果かな。サンクス。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

昨日、Tくん&Rちゃんご夫妻の家を訪問しました。
彼らが中学生・高校生からのお付き合いで、僕にとって大切な友人です。

前職(ジブラルタ生命保険)に在籍中にご一家で生命保険に加入していただいたのです。もう10年も経ちました。当時、生命保険は何年かに一度は見直すものだからね。といって定期訪問を何度かしていました。

そして、最後の訪問から3年が経過してしまっていたのです。
今は直接、僕がなにかできる立場ではないので、在職中の後輩社員(Mくん)を引っ張り出して同席。当時を懐かしく思いながら、Mくんのプレゼンをきいていました。

やはり見直す箇所があったようで少し手直しを。
僕もひと安心です。そして今後はこのご夫妻をMくんに託したのでした。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


気になって気になって…
肩の荷がおりた気分です。

自分で言うのもなんですが、生命保険は仲の良い友人知人から入りましょう。
友達は裏切りません。
もしくは、成績の大変優秀な営業マン(ウーマン)から入りましょう。
なぜなら、成績の良い人は保険会社を辞めませんから、いつまでも安心です。

詳細は記述できませんが。


今日
かなでキャストの注意力・観察力・情報の共有力と伝達力
そしてマネージャーの適切な判断力
これらが結集し、おひとりのご利用者様の大事を未然に防ぐことができました。

ご家族様からも感謝のお言葉をいただきました。


みんな ありがとうございました。
僕からも かなでキャストに感謝です。

デイサービス
ご利用者様の“いのち”をお預かりする責任重大なところだとつくづく感じた一日でした。
その仕事に対する責任の重さは病院や学校と何ら遜色ありません。

介護士・看護師・機能訓練指導員は医師や教員と同レベルの職種なのです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


今回は日々の鍛錬が功を奏しました。
しかし、人が人に接する業務なのです。“様々な事故”の発生はゼロではありません。
少しでも危険を軽減することが大切なのです。

みんな、明日からもよろしくね。  って、明日は休日でした。

久々に頭に血が上った。
まあ、大人げないなあとは思いますが。

デイサービスの業務は夕方5時30分まで、そのあといくつかの業務があるので6時30分くらいになることもあります。

かなでスタッフは夕刻にはそれぞれの家庭に戻っていただきたいのです。
別に残業代をケチって言っているのではありません。“ご家族”に定時にお返しするのが僕の責任だからです。

昨夜、6時過ぎに男性営業マンが施設長を訪ねてきました。
玄関先で対応していたのですがお知り合いのようでしたので、僕は相談室へ案内しました。

延々と時間は過ぎ、7時30分。

男女雇用機会均等法などありますが、男性と女性は基本的に違います。
男性は女性の時間に対してもっと神経を使うべきなのです。
ましてや相手は他社の女性社員です。
そのデリカシーのなさに怒りは極限に達してしまったのでした。

7時45分 僕はその男性営業マンにお帰り願いました。
その方に、個人的に恨みはありません、彼の仕事に対して憤慨したのです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


まあ、玄関先で対応していた施設長の意図をくみ取れなかった自分。
すべて僕の蒔いた種ですが。。。
その男性営業マンにも気分悪い思いをさせてしまいました。

いずれにしても、
営業活動は19時までです。
感覚が麻痺していませんか。


viewer

まだ ツイテイマス (*・ω・)ノ

介護スタッフ、看護スタッフ採用の面接をこの1ヶ月で数回いたしました。
いい方とまたまたご一緒できそうです。

ご利用者様をお迎えするにあたって、現場スタッフの負担が大きくなってきたこともありスタッフ増員をすることにいたしました。ここまでスタッフ採用に関して一切の妥協をしておりません。僕の自慢のひとつです。

しかし、そろそろ…ある程度…採用に関して妥協しなければならない時期なのかなあと思っていたのですが、今回も妥協することなく満足のいく採用ができたと感じています。

よかった。。。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


欲しかった包容力のある知性派男性介護スタッフ&元気溌剌な女性介護スタッフ。
そして、そして、待望の看護スタッフです。

よかったね!! 裕子ナース!! あかねリーダー!! (。・ω・)ノ゙



そしてビッグニュース
居宅介護支援事業所をオープンいたしました。

↑このページのトップヘ