白秋記 ~デイサービスかなで

株式会社 コモード 代表の横道です。 2012年10月15日 静岡県菊川市下内田に通所介護施設“デイサービス かなで”がオープンいたしました。 会社の法人登記から開設場所の選定などオープンまでの紆余曲折、 そしてオープン後は日々の雑感・随想を楽しく綴ってまいります。 たまに毒を吐くときもありますが、そんな時はスルーしてくださいませ。

2011年09月

できました。
念願の『ロゴマーク』です。
僕はかなり気に入っています。我ながらGJです。自画自賛・・・・・
この『ロゴマーク』とともにコモードも可愛がられたらいいなって思います。

デザインに込められた思いはこちら→ロゴマークについてご覧ください。

Logo

今の段階で設計図面があるのは当然ですが。

僕はこの設計図面を見るたびに笑みがこぼれるのです。
一日も早く、ホームページで多くの方に見ていただきたいなあって思います。


この設計図面からは
“みんな楽しそうで和気あいあいとした風景”と“機能訓練に一生懸命に取り組んでおられるご利用者さまの様子”が浮かんできます



昨日は交渉先の税理士さんと面談してまいりました。
コモード・デイサービスセンター(仮称)着工が決定する日を心待ちにしています。

twitterで検索。介護・福祉・ケアマネ
相当数のtweetを拝見することができます。

一概に言えませんが、前向きな発言が多いことに驚きます。
この介護の世界に身をおく方々は非常に勉強熱心で福祉の心に熱い。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

報酬
資本主義社会の日本においてこのことを語ることは決してタブーではありませんが、この介護の世界ではなんとなくタブーになっているように思えるのです。まず、働く以上は報酬ありき。あたりまえのことですが介護報酬は青天井ではなく決まっています。

そこで公平な分配が求められます。
こんなことを考えていると またワクワクしてきます。
クリエイティブでパートナーに愛される職員さんには是非とも良い暮らしをしてほしいと思うのです。


まず自分の報酬は適切か否かはたして戴いていいのか否かから始めます。

昨日は町内の運動会。
少子高齢化が頭の中から離れない僕には少々驚きの光景が。

幼稚園児から小学生くらいの子供たちが大勢参加していたのです。
町内は古くからの住人エリアと新興住宅エリアがあるのです。

僕の町(村に近い町)は静岡市郊外。なにかヒントを得たような思い。
子どもが走り回る姿に明るい気持ちになりました。
僕の母親は敬老席。。。。。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


今、施設オープンを予定しているエリアは町内会の結びつきが強いようです。僕はこのような地域のお付き合いがきらいではありません。もう、来年のこのエリアの運動会が楽しみになっています。

※このエリア、将来的には若い世帯が多く住みついて活気ある街になるような予感がするのです。



昨日、昼の部・夜の部(慰労会)で頑張り過ぎた僕は痛風の攻撃に耐えています。(´;ω;`)

ロゴマークの原案がまとまりました。
本日、原稿を添付して製造元へメールいたしました。
足を使わずして東京にデータが飛んでいきました。便利な世の中です。

仕上がり確認、再校正(あればですが)を経て、お披露目は7営業日後でしょうか。楽しみです。(^_^)ニコニコ


ところで静高。
負けちゃいました。相手は富士市立高校。

常葉橘・東海大翔洋・日大三島・掛川西・常葉菊川
この秋から静高が公式戦で戦ってきた対戦校です。これらのビッグネームからすると今日の富士市立は安全パイだと錯覚しても無理はないですね。

静高の油断と慢心が敗戦の要因の一つだと僕は思うのです。


高校生の部活動から何か感じることができました。
静高は3位決定戦に回ります。常葉橘に勝てば東海大会です。
せっかく掛川西・常葉菊川に勝たせて頂いたんだから踏ん張らないとね。

↑このページのトップヘ