白秋記 ~デイサービスかなで

株式会社 コモード 代表の横道です。 2012年10月15日 静岡県菊川市下内田に通所介護施設“デイサービス かなで”がオープンいたしました。 会社の法人登記から開設場所の選定などオープンまでの紆余曲折、 そしてオープン後は日々の雑感・随想を楽しく綴ってまいります。 たまに毒を吐くときもありますが、そんな時はスルーしてくださいませ。

Day service Kanade operated by the comodo, Inc.
Will be opened October 15, 2012.
And we will do our best for customer satisfaction.

Thank you

1年前の今日、デイサービスかなでは1名のご利用者様と1名の体験者様をお迎えしました。
デイの室内が恐ろしく広く感じたものでした。

あの日の感激と期待感、そして少しの不安感。
忘れてしまってはいけないなあと感じます。

いつも心は若々しく、初々しく。まさに初心忘れるべからず


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


好きな言葉があります。

『常に誠実で慎ましく、そして情熱を持て』

これは学生時代のライバル、駒澤大学吹奏楽部の指針です。
一方、中大ブラスのそれは『規律・礼儀・節度』…。Σ(´д`;)
僕が駒大ブラスの卒業生でしたら、これは社訓でした。


今、自社にも理念があります。
理念とは行動指針&企業の存在理由

今一度、全員が心の底に落とし込まなければなりません。




カラオケ 行っちゃおうかなあ…

最近、そんな気分になることが多い。

educationdef_01

ここでは
静岡の福祉を担う若き人材がすくすくと育っている。
静岡福祉大学 関係者として、とても頼もしい大学だ。
教授陣も素晴らしく、学生もまじめで熱の籠もった授業が展開されると聞く。

しかし、すべての学生がついつい寝てしまう授業もあるそうだ。
聞けば外部からの講師による授業だ。

Time is Money
その時間、学生達は無駄なお金を使ってしまっていると言うことだ。


学生は正直だ。
つまらないモノには無関心。素晴らしい授業には熱心。


そんな時間を割かれてしまう学生が気の毒でならない。
今、介護の現場で活躍する精鋭が学生達に夢や希望と使命感を与えるような時間を提供する、そんな外部講師であって欲しいと感じる。


八木・匂坂・細谷
彼女たちが教壇に立ったら学生達はどんなに目を輝かすことであろうか…。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


これからの日本の福祉
アイデアと努力と熱意で競争を勝ち抜く小さな民間の活力極めて大切なのだ。


弊社理念のひとつ our vision
パートナーを尊重し、お客様から最も信頼され称賛される介護サービス提供会社になることである。

このパートナー…
広い意味で近隣の同業事業者様を含む。民間・社福問わず互いを尊重し、切磋琢磨しながら地域の福祉を盛り上げ支えていくことが大切なのだと思う。そんな意味を込めた我々のコミットである。

オープニングメンバーが初めてかなでに集った日から今日で1年が経った。

静岡市葵区から菊川市までほぼ毎日クルマ通勤しております。

先日の朝、藤枝バイパスでクルマにはねられた気の毒なサルがおりました。
気の毒な猫や鳥は時々遭遇しますがサルは初めて。

静岡県庁付近にも野生のサルが出没しているようです。
気象の変化でしょうか。。。。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


菊川市内の道路で遭遇したもの

でっかいイノシシ。
かわゆいハクビシン。
あまり可愛くなかったタヌキ。
雨の日に出没する大量のカエル。
クルマに突撃してくる大量のトンボ。
祭りで気の大きくなった若い酔っぱらい。

秋の交通安全週間  気をつけて運転します。


この1週間は濃かった…

台風18号の上陸推定時刻とご利用者様お迎えの時刻が重なったこと、そして何よりスタッフの通勤に危険が及ぶことを考慮して先週月曜日は営業を休止いたしました。

近隣の施設様では営業をされたところもあったと伺いましたが、ご利用者本位に立った決定だったのでしょう。我々は社会資本としての役割より、今回は安全を重視したということです。


最近の事象は近日中に言及いたします。

zettai幸いなことに…
社長室もなければ社長の椅子もありません。私。
(´;ω;`)

昨日、名古屋で開催されるセミナーに参加しました。

満足度100%です。

敬愛する小山昇先生を近くで拝顔できたこと。
きれいな名古屋マリオットアソシアを探索できたこと。
施設長同席の為、プチデートできたこと。
(※ 当初、本人は迷惑そうでしたけど…小山先生のお話を聞けて良かったと。)



この業界は社長のトップ営業は馴染まないようですが、それに胡座をかいていたなあと反省することが多くあることを気づかせてくれたセミナーでした。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

名古屋↔菊川 ってすごく近いね。

photo_DSD-D

アスクルのカタログを見ています。
事務所の人員配置に伴いレイアウトを変更する必要が生じました。
現在使用しているデスクはとっても大きく、まだ美しいのですが…
リサイクルショップに転売します。(゚∀゚)アヒャヒャ


□■□■□■□■□


来たるべき将来に向けて次世代のリーダーを育成中の“comodo”です。
先週は八木施設長と若手3人の食事会が開催されました。
この食事会はこれから始まる勉強会のプロローグ。

僕はこの勉強会を“八木塾”と命名しました。
今の組織に八木施設長があと3人いたらスゴイでしょ。
会社を大きくし、変革していくのは幹部のチカラです。
※カリキュラムはユニークなものになっております。僕が受講したいくらいです。


かなでがオープンしたのは昨年10月。もうあとひと月で1年です。
ある意味10月が年度初め。この1年を自分を含め各々が総括します。
スタッフの個別面談も徐々に始めすり合わせします。
そして、スタッフの昇給も10月。

若い組織だからできることがある。
会社が若いこともアドヴァンテージなのです。

03

こんなに大きく育ちました。
裕子ナースと幸子相談員によるカット 

12

サイコロ型に切ってご利用者様と一緒にいただきました。
とっても甘かったようです。

肥沃ではない畑によくぞここまで育ってくれたものです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


このすいか

最大の功労者はドライバーの『ザキさん』こと河原崎さん。

ありがとうございました。

意思の伝達
理由づけられた行為と落とし込み
チームとしての統一性

これが熟々大切だと感じた。


7月14日(日)掛川球場
掛川西高 vs 日大三島高
この夏、1回戦屈指の好カードである。

試合は1点を争う投手戦となった。
どちらもチャンスは作るが、その広げ方に差があった。

ノーアウト1塁。送りバントの場面だ。
掛川西はきっちり送りバントを決める。しかし、後続が断たれる。
日大三島は優しい2球を簡単に見送り難しい球をバント失敗。または、自分も生きようとするバントを試み失敗。ヒットエンドランを狙っているとも思えない。ランナーとの意思疎通も悪いから走塁死の場面もあった。
そして次の打者がヒットを放つが後は続かない。

僕はこの流れを見ていて掛川西が勝利すると思った。9回表に1点先制されてもだ。
掛川西は最終回、先頭バッターがヒットで出塁。ここでも掛川西はきっちり送りバントでランナーを進める。
きっちりと一つのことを徹底してきたチームに最後は女神が微笑むのだ。最後の最後に日大三島のエラーを呼び込んだ。


両チームの力量に差はない。
しかし決定的に差があったのは先生の意思伝達力、そしてひとつのアクションに対する理由付け。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


送りバントの是非を問うものではない。
送りバントをしないで甲子園決勝まで進んだ常葉菊川。僕は菊高の野球も好きだ。
これもまた、先生と生徒の強い意思の疎通があった。

バントを失敗して歯を見せる日大三島に甘さがあった。
これも真実の瞬間だ。



『施設長…また戴いてしまいました…』

こんな会話をよく耳にします。

夕方、ご利用者様をお送りした際にご家族様からプレゼントを頂戴することがあります。
基本的には丁重にお断りすることにしていますが、農作物であったり、開封したお菓子であったりした場合は戴くこともあります。

お断りすることが失礼に値する場合もあります。
この加減が非常に難しいのですが…。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


『施設長…また戴いてしまいました…』
微笑ましい会話だと僕は受け止めています。

頂き物をするスタッフ数名はほぼ固定です。(´∀`*)
彼女らの笑顔を見たらきっと何かを持たせたくなるのでしょう。
きっと、孫のように感じて下さっているのかもしれません。。
大変にありがたいことです。


昨日はとっても大きなスイカでした。
スタッフで切り分けました。それぞれの食卓を彩ったことでしょうね。

↑このページのトップヘ