白秋記 ~デイサービスかなで

株式会社 コモード 代表の横道です。 2012年10月15日 静岡県菊川市下内田に通所介護施設“デイサービス かなで”がオープンいたしました。 会社の法人登記から開設場所の選定などオープンまでの紆余曲折、 そしてオープン後は日々の雑感・随想を楽しく綴ってまいります。 たまに毒を吐くときもありますが、そんな時はスルーしてくださいませ。

Day service Kanade operated by the comodo, Inc.
Will be opened October 15, 2012.
And we will do our best for customer satisfaction.

Thank you

IMG_3390

10月15日
デイサービスかなでは7年目に入った。
6年前の朝、おひとりのご利用者様をお迎えした時の新鮮な気持ちは今なお鮮明だ。
当初のキャスト11人中 7人が現在はそれぞれに要の役職を担ってくれていることも喜び。

このデイサービスかなでを含め現在は社内に7部署ある。 
自分で言うのも気がひけるが向上心とハートの強い社員さんに恵まれた 。

IMG_3396

昨今、巷では働き方改革なる言葉が元気だ。
僕はこの6年を振り返り、反省を込め今期からある取り組みをcommitする。

働きやすさ、働きがい 
静岡県中遠地区 ダントツ1位


IMG_3165

まず有給休暇10日消化 社員率100% 当然平均取得日数は11日〜12日以上だ。
そして 業務内容を改革することで達成する、社員さんの残業による疲労軽減。
ましてやサービス残業を見逃さない、させない。

IMG_3189

社員さんの身体的精神的な負担を極力減らす。
かなでキャストの笑顔が本物であり続けるために。

IMG_3387

健康なキャストが多ければ多いほど顧客感動は頻繁に創出される。
 

IMG_2604
(去年の春に撮影)

先月の台風で “かなで桜” が根元から折れて倒れてしまった。
5年前に植え、会社の成長を見守ってきてくれた桜だった。成長も早くこの夏には5メートルほどになり、幹も太く立派に成長していた。


その桜がいとも簡単に倒れた。


会社は創業6年 
拠点も増え 社員さんも5倍となった。
外から見れば、まさにこの “かなで桜” のように見えることだろう。



これは自分に示されたリブライだ。
まだまだ根が張っていないよということだ。



第7期もいよいよ最終月。
長かったトンネルは抜けるが試行錯誤は続く。


桜前線が通り過ぎてゆく
昨年よりも約2週間ほど早く満開を迎え今はもう葉桜になった。

IMG_0430
 






今年の花見予定は4月4日であったが、開花スピードを考慮して一週間早め3月28日に実行した。その甲斐あってご利用者様は満開の桜を堪能することができた。

IMG_0429







計画したものでも状況に応じて変更する柔軟さが大切なのだ。
朝令暮改?大いに結構。それがご利用者様にとって有益であれば。
 
この丹野池公園の桜はまた来年咲くだろう。
しかし、ご利用者様の中にはこの桜が人生最後の桜になってしまうこともあるのだ。

IMG_0431








何としても満開の桜を堪能していただくんだという強い思いが我々には必要なのだ。
若い職員には《たかが桜》かもしれない。
しかし、ご高齢の方々にとっては《されど桜》なんだな。

IMG_0428







桜を愛でるご利用者様の表情がなんとも言えない。

ご利用者様には是非、満開の桜を見て頂きたかった。
親父を花見にもビアガーデンにも連れていかなかった親不孝息子の懺悔である。
 

img_256b213594bfafb167bf452d38ab3572242246

高齢者に携わる仕事をしている者が してはいけないことがある。

それは
高齢者に失望感を与えてしまうことだ。
夢や希望を与えよと言っているのではない。
ただ、失望させてはならないと言っているのだ。

決して難しくない。

自分の価値観はここでは不必要。
たったひとつ必要なのは 高齢者が何を思い、何を欲しているのかを感じる心と行動力だけだ。

卓越した修正力に期待する。


コモードの理念
お客様にとっての価値は何か:value for our customer 
価値を想像してはならない。お客様の声に答えがある。
お客様は自分たちに耳を傾け、惰性を拒否する勇気を持つ組織に価値を見出してくださる。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



青春

サムエル・ウルマン 岡田義夫訳

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。 
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。 

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。 
歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。 
苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。 

年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。 
曰く驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。 

人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる。 
人は自信と共に若く 失望と共に老ゆる。 
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。
 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして 偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。 
これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ 人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。

第7期に向けて
烏江亭
に題するの詩

勝敗は兵家期すべからず、
を包み恥を忍ぶ是男児、
江東の子弟才俊多し、
捲土重来未
だ知るべからず

HOP STEP JUMP
その位置付けをSTEPとした第6期は 創業以来初めて計画通りに進まなかった一年。 

まあ なんと自分の読みが甘かったことか。

Mikatagaharasenekizou

まさにこんな心境である。 

失敗から学ぶことが大切であるとよく言われるが、壊滅的な失敗からは再起できない。
こうして今、第7期もふた月目に入ったことを思えば それは桶狭間ではなく三方ヶ原だったということだ。 

計画が失敗したのだから、それは社長ただ1人の責任。
この一年はそんな無謀な計画に一途に邁進する社員さんたちの姿があった。 

きっと彼らなりに、何かを感じ掴んだ時間だったと思える。


しかし、達成感というものは数字の裏付けがあってこそというのが持論ゆえに、社員さんたちには申し訳なかったなあと只々 懺悔する。


約2年続いた長いトンネルは間もなく終わる。
前途洋々たる青空のもと、我々コモードは息を吹き返す。

そんな第7期に 今年は成る。


□■□■□■□■□

三段跳び
STEPの距離が詰まった分、JUMPは伸びるのだ。 

1日目
IMG_2611

IMG_2612
浜名湖SAにて


今回は付き添い介護サービスの実践研修
僕の母親(要支援1)のケースをシミュレーションしました。

母親は毎年年末に、福井県の親戚にみかん🍊10ケースを配りに行きます。
親父がいなくなった今、息子(僕)と母親の道中です。

IMG_2613


母親はせっかくだからとあわら温泉に行きたいと言い出します。
息子は浴室介助ができません。そしてSAでのトイレ介助もできません。

IMG_2615
そこで現在 外出支援専門員資格保有者の八木本部長に依頼することになりました。

IMG_2614

おふくろは何をするのにも隣にプロの介護スタッフがいてくれるので安心しきっています。
※八木本部長とは以前から懇意にしているのでなおさらでしょう。

IMG_2616
あわら温泉 その名も《ホテル八木》です

IMG_2617
足腰の弱った母親にはベッドが便利です

IMG_2618

IMG_2620

二日目 
いよいよ親戚まわりです。
IMG_2621

IMG_2622
今立郡池田町 そば 一福

IMG_2623

IMG_2624

IMG_2626
本日2回目の越前そばを堪能 越前市かめや 辛い大根おろしが最高です。

IMG_2551
上郷SAにて
安心、満足の1泊2日の福井の旅でした。

.。o○o。.★.。o○o。.☆


コモードでは介護保険外のサービスとして
付き添い介護サービスを提供してまいりたいと思います。
今回は自家用車での移動でしたが公共交通機関を利用してのプランも考え中です。

被介護者、介護者 双方の願望を叶えるお手伝いが コモードの存在意義です。(´∀`*)




 

Hop Step Jump
 

前期5期は Hop

今期6期は Step

来期7期は Jump

 

コモードは前期5期に事業拡張に挑みました。掛川市でのデイサービス開設、高齢者配食サービス事業への着手です。売上は伸びましたが経常利益はマイナスに転じました。よく、1から2への拡大が一番大変だと言います。我々は2ではなく3にしたのですから相当大変だったということです。

 

今期はマイナスからプラスに転換じ、来季は通常に戻ると言うプランです。

 

掛川市に出店した《デイサービスかなで中の家》は総バリアフリーの家を更に改装し定員20人としました。既存店(定員40人 大規模型Ⅱ)とはまた一味もふた味も違った雰囲気をもって ご利用者様と一緒に理想とするデイサービスを創り上げている途上です。

 

ご利用者様には コモードの施設を利用していただいて「今日も来てよかったなあ」と感じていただきたいし、それが我々の願いです。ご利用者様が満足してくださった時の 素敵な笑顔を スタッフ一同 自身の喜びに変え日々精進しております。もちろん 介護相談かなで居宅介護支援事業所ケアマネジャーも 高齢者配食サービス事業スタッフも魂は同じです。


我々は精一杯努力を重ねてまいります。この一年も変わらぬご愛顧と厳しい叱咤激励を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

最近 twitterでこんな話題をみつけました。

お墓と仏壇、おじいちゃんはどこにいるの?という子供の質問に、「お墓はデスクトップ、仏壇はスマホ、おじいちゃんはクラウド」とお母さんが答えているのです。

 

親父を亡くしてから、仏壇を購入し、墓を建てた今、妙にしっくりときました。

いずれ自分もクラウドの住人となり親父と再会できると思うと気分も明るくなります。

 

何年か先、クラウドの世界でご利用者様たちと再会した時に笑顔で抱擁しあえる自分でありたい。

そんなことを考えながら新築したデスクトップの前で秋空を眺めておりました。 

龍昌山 安興寺にて 


平成28年11月15日 

株式会社コモード 代表取締役 横道克彦

38


先月
時間をひねり出して阿修羅を訪ねた。

娘を奪ったインドラ(帝釈天)に怒り心頭で闘った阿修羅の面影はそこにはなく、穏やかな正面の顔が印象的だった。 


興福寺 唐招提寺 東大寺 法隆寺 元興寺

仏像をめぐる二日間は心やすらぐ至福の時。
仏殿に入る時 一礼し、仏像の前で手を合わせ 退出する時も一礼する。



奈良を観光地と呼ぶには軽率な感じがする。

日本人のこころの故郷だ。
 




それにしても
どこに行っても Chinese !!  Chinese !! Chinese !!

徒党を組み、大声で闊歩する。
仏像にカメラを向ける。 
もちろん仏像に手を合わせるChineseは皆無だ。




礼儀正しく秩序ある日本人を改めて誇りに思う。 
そう感じることのできた奈良だった。 





今回
阿修羅を訪ねるか、熊本城を訪ねるか。
実は迷った。 

加藤清正の天下の名城を、特に秀頼の為に用意したと言われる昭君之間を見たかったのだが、1泊2日では厳しいと思い今回は阿修羅に軍配を上げたのだった。 


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


IMG_3088-2

春日大社で発見した 直江兼続と宇喜多秀家。
戦国時代オタクの自分には痺れすぎる出会いだった。

あをによし  
この写真がまさに “あをによし”

今年もう一回、奈良を訪ねると決めた。 

今日 
デイサービスかなで 中の家がオープンした。
掛川市といっても旧大東町中にある 田んぼに囲まれた閑静な場所だ。



ここは 両親と暮らすはずだった。 
静岡の家はS銀行の担保なので売却はできないけど、老後の(もう十分に老後だったけど)終の住処にと両親が気に入ってくれたものだった。


IMG_2970

IMG_2971

IMG_2972

これは一昨年12月の写真 
まあ見ての通り、行動半径の狭まった両親には広すぎるくらいだ。 


.。o○.。o○.。o○.。o○


そんなであったが、住人がひとり行ってしまったので居住は断念。
そして、この家はデイサービスとして出発することになった。 





規模は定員20人の通常規模型。
コンセプトは『五感を刺激するデイサービス』だ。

既存店で築き上げたかなでブランドを更に昇華し、こんなデイサービスなら自分が来て楽しみたいとご利用者様だけではなく、ご家族様にも言わしめるような空間と時間を演出していきたい。 

多くのご利用者様とご家族様に喜んでいただける家になることが、一番いい。


さあ、今日から出発だ。 

yjimage

いつプライム会員になったのか思い当たらないのだ。
amazonは便利なのでわりとヘビーユーザーだとの部類だと思うけど。

 
超高速 参勤交代 
結党 老人党
JAZZ DAIMYO ジャズ大名
TANKA 短歌
大奥〜永遠〜(右衛門佐 綱吉 編)
天使のくれた時間

これだけ5日間で鑑賞した。

画面はだんだん大きくなった。
iPhone → iPad  → MacBook Air → iMac
ディスプレイの大きさを求めていくと最後は80インチだ。ないけどね。


モバイルで鑑賞できることが当たり前の時代になったということか。
迫力や臨場感には欠けるけど便利だ。
モバイルがなければ5日で6本は鑑賞できなかった。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


1週間前に長谷川嘉哉先生がpodcastでamazon Primeを紹介してくださったので、どんなもんかと開いてみたのがきっかけ。

podcast 聞いていて良かった。

 

↑このページのトップヘ